現金化がバレたらすぐに利用停止

お金に困った時にクレジットカードのショッピング枠を現金化する方もたくさんいらっしゃいますが、実はクレジットカード会社の規約を読むと”現金化目的でのショッピングのり用を禁止”しています。
これは一部のクレジットカード会社の規約ではなく、すべてのカード会社の規約に書かれています。

自分で現金化するのは利用停止のリスクが高い

自分で商品を購入し、そのまま売って現金を手に入れるやり方はいくつもありますが、
手っ取り早く、高い換金率で現金化する方法というのはある程度限られています。

買取店で高く買い取ってくれる商品として、全国で使えるデパートの商品券や新幹線の回数券などがありますが、それらをクレジットカードで購入することはできません。

また、高いブランド品や、これまでに一度も購入したことがない高い商品を買った場合にも、クレジットカード会社にバレてカードが利用停止になってしまいます。

そのため、自分で安全に現金化する方法としては、ブランド品など高く売れる商品以外のモノを探して購入しなければいけないので、非常に面倒です。
それに、ブランド品や金券のように高く買い取ってくれる店舗はなかなかありません。

※余談ですが、ニンテンドー3DSなどのゲーム機をたくさん購入してもバレる危険性があります。

クレジットカード会社に怪しまれたら即利用停止にはなりませんが、
現金化目的でカードを使っていないかの確認のための電話がかかってきます。
その時に、しっかり現金化目的ではない旨を説明できるなら何も問題ありません。

しかし、先ほども申し上げた通り、換金性の高いモノを買った時、急に利用停止になることもあります。

代表的なものをあげると、最新のゲーム機やゲームソフト、ブランド品、金券などは換金性の高いものです。

いままでのクレジットカードで何度か購入している人なら疑われにくいと思いますが、
急に怪しいモノを購入すると疑われて利用停止になるリスクがあります。

つまり、自分で安全に現金化する方法はあるけれど、換金率が低いのでよっぽどのことが無い限り誰もやりません。

自分で現金化する場合、モノを買って売るよりも、大勢の友達を飲みに誘って、クレジットカードで支払ってみんなから現金を集める方が、換金率でいうと高くなります。しかも100%合法です。

しかし、カード会社の規約に書いてある現金化の違法性について考えると、買取方式の場合が違法であって、現金化業者が指定した商品を購入してキャッシュバックを受けるやり方は規約違反には当たらないので「利用停止」になりません。

キャッシュバック方式の現金化業者は違法に当たらない?

ネットの現金化業者の多くは、キャッシュバックサービスですが、このキャッシュバック方式は違法ではないのでしょうか?

特典で誘引することは景品表示法で規制されているが・・・

購入者に特典など付けて誘引することは「不当景品類及び不当表示防止法」で規制されています。

このキャッシュバック方式の現金化は「景品表示法」に引っかからないのでしょうか?

「景品表示法」に触れていると危険だと思う人もいると思いますが、クレジットカード現金化業者のキャッシュバック方式は、「景品」には該当していないため例外とされています。

他にも、家電ショップなどで購入したときについてくるポイントでの還元なども例外となっています。
そのポイント還元と現金化が同等と考えたら、問題はないことが理解できますね。

しかし、気をつけなければいけないのが、現金化と家電を購入することで異なることがあります。
それは現金化業者で購入する商品自体に価値がないという点です。

合法と聞いても、絶対に問題がないわけではない。ということを理解しておきましょう。