クレジットカードで即日現金化する業者を比較!ネットバンキングを使えば当日の振り込みが可能!審査不要ですぐにお金を作ることができます。安全な現金化業者を選ぶ際にお役立てください。

現金化の知恵袋

少額でも換金率が高い!自分で現金化する5つの方法・メリットとデメリット

投稿日:

カードのショッピング枠を現金化するには、わざわざ現金化業者に頼らなくても自分で行うことができます。

ただし、知らずにやると損をしてしまう情報も多いため、どのような特徴があり、どのような方法があるかはしっかりと知っておく必要があるのです。

少額でも高く換金!自分で現金化する方法5選

方法① 金券を買ってショップに転売する

換金率が高く、手軽な方法として知られるのが金券を購入して金券ショップに転売する方法です。実用性が高いため8割以上の換金率は珍しくなく、9割を超えるケースもあります。

ただし、カードで購入できる金券は種類が限られるため、どの金券が購入可能か、どこで買取が行われているかを正しく把握する必要があります。

たとえば新幹線の回数券は一般的な金券ショップでも買取していますが、amazonギフト券等はネットを通じて転売することが一般的になっています。

これは金券ショップでamazonギフト券のコードが有効かどうかチェックする手段がないためです。

金券ごとに買取率が異なるだけでなく、更にショップによる違いもあるため比較が重要になってきます。

方法②ブランド物を買って転売する

ブランド品の転売も一般的な現金化の方法として知られています。ブランド物は価値が高く、未使用品であればかなりの高額で買取されるケースもあるからです。

注意したいのは人気の有り無しです。ブランド物でも定番商品などは買取価格が高くなる傾向があるほか、ブランドごとの知名度によっても差ができます。

指定ブランドの買取キャンペーンを行っているショップに転売する、あるいはオークションなどで売却するなど工夫も必要になります。

ブランドバッグなのか高級腕時計なのかでも買取の相場が大きく異なります。

方法③仮想通貨で現金化する

仮想通貨を現金化する方法も一般化しましたが、国内の仮想通貨取引所でクレジットカードによる仮想通貨の購入ができなくなってしまい、ハードルが高くなっています。

クレジットカードの現金化を目指す場合は海外取引所で手数料を支払って仮想通貨を購入し、国内取引所に移動して売却するなど手間がかかってしまうのです。

口座の開設などに手間がかかってしまうのも難点ですが、購入のタイミングによっては価値が上がる可能性もあります。

送金や出金の間にも価値が変動するだけでなく、取引所のメンテナンスで出金が遅れるなど安定した現金化が難しいのも特徴と言えます。

方法④飲み会などカードで立て替え払う

飲み会などでカードで立て替え払いを行った場合、割り勘のお金などを現金で受け取れることがあります。忘年会の感時になった際なども使える方法で、ある程度的まったお金が集められる場合もあります。

ただし、飲み会の席を準備し、自分が立て替えられるように準備をしておくなど工夫は必要になります。

領収書の有り無しなど気遣いが求められ場合もあるためどう動くべきかはあらかじめ考えておくことが大切なのです。

方法①せどり

人気のある商品を安く売っているところから購入し、オークションなどで高値で売る方法です。

商品の到着や発送の手間がかかるため、若干時間が掛かりますがオークションを経由することで購入費用以上のお金が手に入ることがあります。

難点になるのが全くお金にならずに赤字になってしまうこともある点です。フリマアプリなどをチェックして売れる物と売れない物をシビアに見極め、タイミングよく手放すことが大切になります。

オークションなどを利用しても現金化までに数日かかることが多いため、スピーディーな現金化には不向きになっています。

自分で現金化するメリットとデメリット

自分で現金化するメリットは合法で換金率が高いことです。

自分で購入した商品は自分で自由に扱うことができるため、処分の方法も自由です。購入した商品をすぐに売却するのも法律上の問題はなく、換金率が高い商品を換金すればほとんど無駄がでないのです。

仮想通貨の現金化やせどりなど転売で大きな収入があれば税申告が必要になるケースもありますが、多くの場合は目減りするためそれほど申告にならずに済むのです。

換金率の目安になるのが新幹線の回数券の売却です。金券ショップに売却すると80%程度の買取率になるため、それ以下の換金率で換金を目指すメリットは少なくなります。

仮想通貨は各種手数料を差し引いて主90%を超えることがありますが、口座の開設などに時間が掛かるのが一般的です。すぐに現金が欲しい場合は使えないケースがあります。

Amazonギフト券等もネット取引で90%を超える場合がありますが、信頼できる業者に買取を依頼するのか、売買のマッチングサイトで自己責任で売却するかでも基準がかわってきます。

マッチングサイトでは自分で売却率なども設定できますが、システム手数料や振込み料が別途必要になるのが一般的です。

自分で現金化するデメリットは商品選びを誤ると数割程度の目減りが発生することです。内容によっては換金率が50%以下になることもあるため、何をかってどこに売るかが重要になります。

まず何をかって、どこに売るかで換金率が大幅にかわってしまうのです。

クレジットカード現金化はクレジットカード会社にバレるリスクが高いのもポイントです。現金化目的のクレジットカードの利用はクレジットカード会社の利用規約で禁止されていて、発覚すれば強制解約などの原因になります。特に新幹線の回数券やamazonギフト券等の金券は不正行為にも使われやすいため、バレるリスクが非常に高いのです。

現金化以外にも不正なカード情報野取得などをうたがわれて止められるケースもあるため、リスクが存在するのです。

クレジットカード会社にばれないように同じ現金化方法を避けるなど工夫をする人もいますが、リスクがあることはかわらないのです。

まとめ

クレジットカード現金化を自分でやることは可能ですが、メリットもデメリットも存在します。

業者を挟まないため換金率が高くなることがある一方で、商品選びを誤ることで換金率が減ってしまったり、クレジットカード会社にバレる確立が上がることもあるのです。

特に繰り返し現金化を行うと疑われやすくなってしまうため、自分で現金化をするのを避けるのも選択肢なのです。

-現金化の知恵袋

Copyright© クレジットカード現金化!即日振り込みできる優良業者口コミ比較ランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.